レーザー脱毛の仕組みってどうなっているの?

施術前に注意すること

施術前に注意すること

  • レーザー脱毛の機器は一定の色素に反応して作用します。施術前に毛を抜いてしまうとその部分にはレーザーが反応しません。そして日焼け、乾燥、肌荒れなどの状態は火傷や色素沈着してしまう恐れがある為、その部分に照射することが出来ません。

    脱毛が受けられない肌トラブルで1番多いのは日焼けです。くっきり日焼けしてしまうと最低でも3ヶ月、少しの日焼けでも1ヶ月は照射が出来ないので施術は受けられません。夏だけでなく、スキーやスノーボードを行う冬も紫外線が少ないからと安心せず、レーザー脱毛予定がある場合はしっかりと日焼け止めを使用しなければいけません。自分の肌は自分だけにしか守れません。防げるトラブルは事前に防ぎ、安全で安心な施術を受ける態勢を整えましょう。

    レーザー脱毛が流行した当初は産毛のような薄い部分や髭などの極端に濃い毛が密集している部分などへの施術は難しいとされていました。産毛は薄くてレーザーが反応しない、髭は濃くて根深いのでレーザーが一気に反応して熱くなり火傷の範囲が深くなってしまう可能性があります。しかし現代ではそういう部分にも照射出来るレーザーが開発されているので、施術を受ける際は必ずクリニックに相談、確認をしてください。